2010年07月17日

そうだ、山形イコウ!〜みのくんのマンドリン演奏会会〜

はい、というわけで なぜか今回むしょう〜!!に行きたくなって

この足掛け四年 リアルでは会ったことのないネット友「みのくん」に会ってきました。


マンドリンって楽器ご存知でしょうか。

すごく涼しげな震えるような音を出すんですよ。

自宅で暑さにうだうだしてナメクジになっているより、そうだ、山形行こう!!

山形○高校のマンドリン部 定期演奏会です。
新幹線にとびのっていってきましたよ。走った、走った。
(特急券だけ買って安心してたため、乗車券を求めてほんとに3分前まで窓口に並ぶはめに(><; 安心して猫柳さんにメール打っていた!(笑)


タクシーで山形市中央公民館に着いたときには、開演から15分くらいすぎてしまってました。

ロビーに居た顧問の先生に教えてもらい、目立たない入り口からそぉっと入場。

演奏中にドカドカと出入りするような、気合のない演奏会じゃなかったです〜お客さん見渡しても、すごく真正面から聞き入っている顔ばかり。


義理で仕方なく素人の演奏を聴きにきてやったぜ?!

て顔じゃないの。


音が消えていく余韻の、余韻と無音のあいだまでが甘露のような・・・。

大切に聞こうって。

ていねいな演奏が、そういう気持にさせるんですね。



パンフレットを読んでみると。

ぬぉお!!(@@)みのくん、コンサートマスターに成長してました!

主旋律をリードする いわば番長ですね(ちがう?(^^)

バンドで言えば、ボーカル+リーダーの立場ですよね。

表と影の両方主役です。

600人入るホールで、安定感のある美しい演奏していて・・・なんか じぃぃんと来てしまいました。

10代で、こんなにシッカリ自分の好きなことを見つけて、いっぱい練習もして、友達と楽しんで。なんてすばらしいんだろう(;ー;)


私はこの10年をイラストレーターだったり、アルバイターだったり、主婦をして過ごしてきました。
でも、自分がフェルト作家になって、やっと「自分が自分だ!!」という気持になれたところだけど。
そして、ふらふらとした道のりでずうっと宝物&道しるべだったのは 高校生のころの部活動(ってか同好会)で「自分が自分であることが最高だと思った」気持なんだよね。


今日のマンドリンの音色がステージのライトが、みのくんの一生をずっと明るく照らすんだろうな、、、だから今後どんな壁に出会っても、だいじょぶなんだよ!
と勝手に感極まって泣いて、咳き込んでむせてしまった(笑

演奏をぶちこわさないように、「ぐ、ぐふぉ。。!」目を白黒させてこらえました(笑



アンコール、いきものがかりの曲と、あとなんだっけ2曲。

・・・徐々に徐々に 震えながら音の層を重ねて、いつしか強くうたいはじめるマンドリン。

音の森に雨粒がさーっとね、、五月雨にも、驟雨にもなって。

それまでの全部の曲にうわまわって感情がこもっているように聞こえました。


M奈ちゃんのお母さんと、顧問の先生のおかげで 生みのくんに逢えて良かったです。
ネット友なんてーものは期待を裏切ってなんぼ ともいいますが
イメージが一人歩きして、美化されとるとかよくありますが(^^

誠実そうで笑顔がすてきな高校生男子で、私のイメージ以上に高感度アップでした(^^)

また、細く長くおつきあいお願いしますね〜!!山形また行きたい!


****

youtubeに演奏会のビデオを公開するかもしれない?!ので

実現したら、またここでアナウンスしたいと思います。

トトロや魔女宅の楽曲も、暑さ忘れますよー。












posted by marimo-ya at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。