2014年10月05日

映画 思い出のマーニー


思い出のマーニーを、友人と12歳の娘さんと見て来ました。

多感な年頃の主人公杏奈は、自分とほかの人の間に壁を感じています。

喘息の療養のため、遠くの知り合いに預けられますが
「自分がやっかいな子だから遠ざけられた」と思い込んじゃっています。

大なり小なり、オトナでもあるよね こういう独りよがりの誤解・・・(笑)

里子であることをナイーブに感じるお年頃でもあって
自意識をこじらしてしまってます。育てのお母さんの愛情からの心配性が、とっても息苦しい。



夜だけ現れる、お屋敷の華やかなパーティ。昼間は廃墟・・・。

そこで不思議な少女、金髪に青い目のマーニーと出会い人が苦手な杏奈が
すぐに仲良しになってしまいました。

ボートを上手に漕いで、夜中に屋敷を抜け出してピクニックにさそってみたり
口うるさいばあやにシーツを被せて、さっと鍵をかけて部屋に閉じ込めてだしぬいたり
マーニーは活発で奔放な明るい女の子に見えます。
パーティではきれいなドレスを着て、華やかに踊っています。

杏奈は「私、あなたが羨ましい。あなただったら良かった。」

マーニーにはほかの誰にも言っていないけれど、旅行で留守がちの父母がいないときは
きつい双子のメイドに意地悪され、ばあやは手が痛いほど引っ張ったり、わざと泣いてしまうぐらい
乱暴に髪をとかすんだと打ち明けました。

メイドたちはお仕置きだといって、強風の吹きすさぶ中、泣いて嫌がるマーニーを丘の上のサイロに
閉じ込めるために無理やり引っ張ってつれていったこと。
そのとき近くに雷が落ちて、雷雨の中メイドはマーニーを置いて逃げ帰ってしまったこと。

「あなたは、誰かに怖い思いをさせられたことはある?私は、あなただったら良かった。」


marnie.jpg

マーニーの正体を言っちゃうと、これから見る人が面白くないと思うのでアレですが・・・(^^;;

(見たくない人はスルーしてね)





杏奈のおばあちゃんが押し付けにならずに、同い年の女の子の立場から言ってくれたのですよね。

ひねくれた心に、それがスッと届いたんです。



杏奈が、自分をおいて早くなくなった両親を許せたこと
育てのお母さんの愛情をうたがってしまったのは誤解だったこと
心のわだかまりが取れて、杏奈が活き活きとしてくる様子に心が洗われました。

posted by marimo-ya at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月15日

素敵な相棒

素敵な相棒.jpg
今からほんのちょっとだけ、未来のこと。
認知症になりはじめた老人フランクと、ヘルパーロボットの心の交流のお話です。

フランクは盗みを働いていた過去があり、今は平穏な老後を送ってはいますが
退屈しています。

成人した息子が毎週面倒を見に来ると、彼がまだ大学生だと勘違いしたり
ふとした時に万引きをしてしまったり、まだらボケ?のような感じ。

息子に押し付けられたヘルパーロボット(アシモ君似)に始めは反発しますが
意外な柔軟なこころ?と方便をわきまえたロボットに親しみを感じるようになります。

あるきっかけで、フランクとともに泥棒を働くことに(^^;;
鍵を開ける特訓をしてやって、一緒に図書館へ入り込みドンキホーテの本を
取って来てしまいます。。。
暮らすための泥棒というよりか、怪盗ごっこをしてスリルを感じたいようです。
フランクが生き生きして記憶など鮮明になってくるのは、楽しいから。
にんげん、悪いことをしていると元気が出るものです!!(爆

ロボット君は、とぼけた調子で「あなたが熱中している様子を見るのは良いものですね(^^)」
なんて言うのです。泥棒活動の善悪はわかってかわからずか?
子供のように純粋なロボットが、悪巧みにもお手伝いしてしまってるのは可愛らしいです。
(フランクが生き生きとしているので、方便としてヨシとしているようにも見えました。)

宝石泥棒から足が付いて、ついにフランクの家に警察が来てしまいました。
ロボット君は証拠を残さないために、自分のメモリを消すようにすすめますが
フランクが聞きません。
相棒との思い出が消えてしまうこと、自分が認知症であるために大切な記憶が消える恐ろしさを
知っているからでしょうか。
ロボット君は、メモリを消しても大丈夫なある理由を出してフランクを説得しました。
証拠を消して、警察が帰ったらまた次の作戦をやるんです(^^)といって。

ネタばれになっちゃうんで、詳しく書かないようにしようか迷ってます。
ラストは、ロボット君の配慮がじわじわ来て、涙がでてきました。

年老いた人のように、方便を知っている。自分を犠牲にして守ってくれもする。
それでもって、幼い子供のように素直に染まるロボット君。
天使のようだな〜なんてね。

こういう人間って、いますかね(^^;

心がふわっとしました。


posted by marimo-ya at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

マイケル・ジャクソン This is it!

マイケルジャクソン This is it! 見てきました。

マイケルがこれが最後と気合いを入れていた、ロンドン公演。

それは夢に終わってしまったわけですが、

そのリハーサルを、ドキュメント映像でつづった映画でした。


実は、全然期待してなかったんですが、

ロンドン公演実現してたら素晴らしかったんだろうな・・・・って真面目に感じました。

映画の冒頭は、若いダンサーたちのインタビューから始まります。

みな涙ぐんでいて、マイケルと踊れる幸運にしびれているという口調です。

マイケルは 子供の頃から、ずっと彼らのヒーローだったということ。
オーディションの知らせを聞き、すぐ飛行機に飛び乗ってやって来たということ。

マイケルの偉大さを無駄にたたえたり、シメっぽく喪失をいたんでみるようなシーンは全くなかったです。

ロンドン公演を映画で再構築し、夢を果たそうとするような 前向きさを感じる映画でした。










続きを読む
posted by marimo-ya at 01:32| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。