2015年09月27日

3:完結編! 宿は決めずに新潟へ ヴィラーゴたんと海へ〜


完結編ですが・・一日目の田子倉湖で出会った山梨からのA賀さんから記念写真が届きました!!
嬉しいので、冒頭で載せちゃいます

12033223_825612804225939_8822215876577863226_n.jpg

12033020_825612464225973_6454102170292823446_n.jpg

赤の他人を記念撮影に混ぜてくださるという・・・イケメンの見本のような方がたです。
とてもHAPPYな時間でした、ありがとうございます!またどこかでお会いしましょう〜!

さてさて、最終日の朝 ONタイマーで50インチはあろうかというTVが点いて ビクッと目覚めました。
新潟駅近くの、ビジネスホテルだったのでアメニティが揃っていました。
祝日に3200円、なかなか良いところじゃないですか富すしから、徒歩5分以内のところでした。

ガス欠恐怖症になっていた私は、早朝からあいているGSを探してかなり放浪してしまいました。
宇都宮に何時間で帰れるか、ぜんぜん読めていなかったため気持もあせっていたんですね。
立ちコケこそしなくなっていますが、道に迷いながら道路標識の確認をしていると あぶなっかしい
運転になってました。

あっ。今ブログを書いていて記憶がよみがえったんですが。
誰もいない、開店前のガソリンスタンド前で必死にMAP検索していましたら、
自転車の男性がメモを差し出して来たんですよ。
すっかり忘れてましたが、パーカーのポッケを探ってみることにします。

あった!

araioppi.jpg

「論文を書いています。HPもあるので検索してください」との事でした。
スウェット姿のラフな学者さんもいるものだと思い、旅の思い出にいただきました。
では、謎は謎のまま、ブログをすすめることにします。

GSで49号線の混み具合など教えていただき、バイパス7号線にのります。
なんじゃこりゃーーーー!高速道路いらないじゃない!!そんなスピードです。
ガーラ湯沢近辺では、はるか遠見通せる直線道路で60km/hきっかりしか出そうとしない車が
ふつうにゴロゴロしていました、新潟は取締りがきびしいか、はたまた皆さんゆったりしたお国柄なのかと。
49号線ではバンバン、見通しはよいですが80km/h以上で流れておりました。
125ccバイクの地元民の方が90km/hぐらいでなれた様子でふっとんでいきます。
阿賀野川が悠然と流れる風景や、大きな堰のような建造物が面白かったので もったいないなぁと
思いつつ ちょっとその人についていってみたり。えへ。
そんな感じで2.3時間で猪苗代湖に出てしまいました・・・近い!!!!

まだ11時ごろです。家に帰っちゃうのももったいないので、猪苗代近辺を探索。
適当に磐梯山の方へ行き、スキーリゾートの看板を見てのぼっていきました。

inawasiro virago.jpg

ふわーきもちいいーーー
布引山って、どっちなんだろーーー?そこも行ってみたかったです。

inawasiro.jpg

その後思いついて、レイクラインを走って、あんまり気持が乗ってこなかったり。
あのバイク人間の野郎は、80km台で走っている乗用車をこんな細く曲がった山道ですらすっとんで抜いていったり待つということができねえのか。と、イライラしてきました!道を選んで加速しようよ。
バイク人間とは・・その人らしさをうしなってバイクに乗せられている人のことです。

マリーナにあるライダーズピットに寄ろうとして2回素通りしたり。
うむ。これは疲れだな(^^;ぜったいにやばい。 と帰途につくことにしました。

Narikyoさんに教えてもらった、294へ抜ける空いた道で白河へ。
金色の稲穂がとっても日本の秋。ここも通り過ぎるのがもったいない道でした。
白河のコンビニで一休み。福島の情報誌をめくって、ああ猪苗代湖畔のCafeでランチしに来よう!
とか、ふくろうCafeねこCafeもあるんだ、とかもう次の旅のことを考えていました。
461号で矢板から30号を使おうと思ったけど、日が暮れると山道はこわいから4号に戻りました。

産地・放射能検査の測定限界値と、何ベクレルか、また検査日など表示してくれると気軽に
福島で食事できるんだけどなあ。忙しくてなかなかむつかしいのかな。
お隣の栃木県が、被爆してないわけがないのに県境越えたら福島産。
福1も近い、ほんとうに近く感じるようになりました。バイクに乗るようになって。
安全に食べられるように、努力されてる福島の農家の方に頭が下がります。
食品関係の方、検査値表記の方、もうちっと具体的に書いていただけたら ありがたいです。
もっと買えますm(  )m よろしくお願いします。

と、そんなこんなで6:30ぐらいに無事帰宅できました。
家を飛び出した2日前と、同じように旦那とにゃっこちゃんが待っていてくれました。
ははは・・・こんな家出みたいな無鉄砲な旅は初めてです。

アナと雪の女王じゃないですが、どこまで行けるか自分を試したいの〜♪れりご〜♪
ちょっと本気出せた気がします。普段は自分を守りすぎていると思うの。

たくさんの素敵な思い出、出会いがあって きらきらした風景のなかを通って来ました。
こんな小さな冒険が大切に思える 初心者ライダーをもうしばらくは・・・楽しみたいとおもいます(笑
温かい目で見守ってくださった皆さん、ほんとうにありがとうございまーーす!
posted by marimo-ya at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

その2 宿は決めずに新潟へ ヴィラーゴたんと海へ〜

前日のつづきです。

朝5時のアラームが鳴る5分前に、いつも目が覚めます。
体が記憶するっていうの、実際あるんでしょうね。
海の方を走りたくて来たのだからもう一泊しないとなぁ。朝のうちにネットで宿を予約。
木彫りのリスさんが付いたファンシィなルームキーを返却し、チェックアウトしました。
朝露にぬれたヴィラーゴたんは、道端で無事に待っていてくれました。
ちょっぴり暖気して、発進!

ちょっとした峠道を越えて十日町を抜け、どっかわからない場所をとおって柏崎の海岸をめざします。
なぜか前夜、アイフォン本体はスクスク充電済んだのに 別充電器が30パーセントで止まっておりました。
アイフォンの充電器が目盛り60パーセントになるのをぎりぎりまで待って、出発したので
ナビ機能とかデータ通信機能をオフにして節電走行でした。
ただ、地図は見れるので 何号線を通っているか把握していればなんとかなりますね。
アナログ地図と、イメージで現在位置が分かる人は、超能力者でなはいか?!と思っていました。
私にも、そういう勘が芽生えてくる予感があって、旅のわくわくの一つでもあるんですよね。

道幅も程よく、舗装もきれいな新潟の田舎道が好きになって来ました。
柏崎で、海浜公園に出会ったので寄り道です。
kaihinkoen.jpg
向こうに大きなドラム缶状の工場があるでしょう?いいなぁと思って撮影しました。
釣り人たちが等間隔にならんで、海岸はにぎわっていましたが しずかな賑わいで。
ゆったりと竿をふったり、海面をふーーっと眺めてアタリをまっている様子でした。
きらきらした水平線を、釣り人と一緒にながめて過ごしてから出発。
化粧下地を持たずに旅に出ちゃったので、公園お向かいの7-11で買おっかな〜と思ってスルー(笑
けっきょく日焼け止めのみです。

さて、海岸線に出ればあとは新潟市まで北上するだけなので MAROON5など聞きながら
ゴキゲンで流して行きました。えーにもぅ〜えーにもぅ〜

わぁーい

umi2.JPG

心軽く、ちょうちょになった気分で乗っていたので 写真はこれしかありません(爆
きらきらした海と、そこへ絶妙に突き出した緑豊かな半島には白い灯台が建っていたり。絵なのか?!
そんな半島のトンネルを幾つかくぐりぬけ、面白い形の岩場があればすべて路肩に止めて
写真を撮ってもいいな もったいないなぁ 無理は禁物だからまた来よう。
名残おしく、通り過ぎました(^^)ああ、原付だったら停車していたかも!
後続車がいないところでは、わざとゆっくり走りました。ずっと見ていたい。

そうして、出雲崎の道の駅・天領に着きました。
ここ、来たことあるよ!!
去年10月 旦那とドライブに来て、イカ焼きが美味くて泣きそうになったところじゃないの。
あの時は、海岸ドライブで助手席で30分以上、寝ちゃってたんだよなあ。
運転しない車ニガテなんだよねぇ。ごめん旦那。
妊活がんばって放射能を気にして、ほとんど太平洋側の魚を食べなくなった私を心配して連れてきてくれたのもあったと思う。乳製品や小麦粉などやめてしまったものは他にもあって、でも赤ちゃんはできなかった。
Tレディースクリニックでは、採卵と体外受精をしないと無理だと主治医に結論を押し付けられてしまった。
私も一生懸命、質問をして他の方法も探ったけれど 忙しい主治医とはほとんど話し合いもなく、確率としてはこうだと一般論にしかならなかった。
数をこなして、さっさと妊娠してもらい利益をあげるにはそうかもしれないけどね。
自分の納得できるような方法で、一歩ずつすすみたい。私の体だから。私の人生だから。

なんか、熱くなってしまったので、回想シーンおわり。

天領では、海を見ながらつぶ貝の串焼きをおもいきり頬張って 弾力ある歯ごたえを楽しみました。
それと、ガンジー牛乳(変な名前?非暴力非服従の牛さんなのか)苺ジェラートを食べて休息。
11:30ごろで昼食には早いし、どうしよっかな〜とふらふらしているとバイカーの方が声かけてくださいました。地元のチーム・バンディットのMさんとAさん、お仲間と毎週末天領に集合してるそうでした。
こんな気持の良い場所でツーリングできるなんて、羨ましい!
皆さんに新潟のおいしい魚料理店情報を教えていただき、しばし楽しくおしゃべりさせていただきました!
さて、お昼近くなり出発します。程なく海沿いの巣鴨とも称せられる?寺泊に差し掛かる交差点で、
後ろを走っていたバイクの男性が、大きく手を振ってさっと右斜線へ入り去ってゆかれました。
あれっ?さっきのお仲間の方かな?やっだーまりもやさんの走りを見られてしまった(笑
FBで、Aさんから連絡でどなたか分かりました〜 なんとも軽快で楽しいおわかれになりました!

寺泊の市場は、そこだけアメ横のような賑わいでした。
食堂は行列だったしパックのお寿司を道端のベンチでいただいきました。
出来立てなので、美味しかったです。
大きく、仏壇店と看板が出ているにもかかわらず あきらかに魚とお土産のお店が気になり
奥へ入っていくと お寺にある仁王像サイズより一回り小さい風神雷神像や、一千万する巨大な仏壇が展示されているスペースがありました。
仏壇が必要な方は、声をかけてくださいと張り紙があります。どんだけ売れてるんでしょうか(^^;
その妙なスペース以外は、フグちょうちんが麦藁帽子をかぶったマスコットや、薄い貝殻をカラフルに染めたモビールが山盛りで(触るとちゃらちゃら安っぽく可愛い音がします)小学生のころの夏休み気分に浸ってしまいました。

新潟市までは、もうちょっと。
14時ごろにはホテルのある市街地についてしまったので、マリンピア日本海でお魚をみることにしました。

sunuk.jpg

スヌーク。アロワナや草魚、カツオ以外でこのサイズを見るのは初めて
一緒の水槽のぼさっとした落書きみたいな丸顔・点目のお魚がいたく気に入ったのですが、名前わすれちゃった。
marinpia.jpg

バイカルアザラシさんが、丸すぎてわたしの腹筋が崩壊。
皮下脂肪魚雷 煤駆(ばいかる) の称号を進呈したい。

らっこちゃんの餌やりシーンや、オットセイの赤ちゃん、居眠りビーバーさん、年がら年中大乱闘のかわうそ君たち、などなど夕焼けの時間までゆっくり見ました。

バンディットのMさんに教わった、駅前の富すしへ行って 漁師丼をいただき大満足でした。
ネタの風味がおくが深いのね。板さんが目の前で握ってくれるお店ですが、そんなに高くないです。
よし、旅の目的を達成したよ〜!!

宿に戻り、眠っていると明け方 ドドド・・ビタビタビタビタと聞いたことある音が(笑
昨日、停まっていたマグナの人 もう出かけるんだな〜

そんなわけで、その3へつづきます。
お付き合いいただき、ありがとうございます

posted by marimo-ya at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

宿は決めずに新潟へ ヴィラーゴたんと海へ〜


シルバーウィーク、高気圧に気分がアゲアゲになったので
突発的に新潟へツーリングに行ってまいりました。

☆まりもや民芸店のブログなのに、どうしたことだ?!と思った皆様へ
まりもやこと根岸は、今年7月に普通二輪の免許を取りました。
勤め先のストレスや妊活がうまくいかないこと、あれこれ重なって・・・・
旦那に悩みを話しても、向こうも仕事で疲れているので相槌もたいして打てない。
youtube見ながら聞いてもらっても全然すっきりしない!

でも、バイクに乗ってるとすごく楽しくて、悩みがふっとんで行きました。
5月ごろからパートに出勤する前に早朝から いろは坂を登って帰ってきたり。
草木ダムを見てから15分と休憩せずに仕事に出るような日々を送るようになりました(笑
50ccのJOG アプリオに乗って、とにかくどこまでも走っていたい。ずっと乗り続けていたい!(だから私は、小さいバイクをバカにする人は嫌いです)

でも2度ほどエンジンを焼きつかせてしまったせいか、いろは坂を10km/hでしか登れなく
なってしまいました。
2003年に買って雨ざらしにしていたのに、良く持ったほうかもしれませんが。
そんなこんなで、7月10日にヴィラーゴ250が我が家にやって来たのでした。
まだ2ヶ月程ですが、5000km乗りました。これからも仲良くやって行くつもりですので
どうぞ、よろしくお願いいたしまーーーーす
kaihinkoen.jpg

さて、21日の早朝 矢板〜塩原〜南会津とトコトコ行きました。
南会津〜桧枝岐のあたりで豪雨で両岸をえぐられた谷川をわたり、流された道路を補修中で
じゃりじゃりになった所を通過しました。
来ちゃって良かったのかなーと不安になりましたが、ほかの人も通ってるじゃないか!
そんな感じで、只見58kmとか、魚沼80kmとかいう表示に気が遠くなりながら
えんえんと田舎道を行きます〜

と、こんな風景が。ダム好きなので、テンションがあがります
tadamidam.jpg

このぐらいで、遠くへ来たなぁ〜と嬉しくなった矢先、ずっと素敵なのはここからでした!
また酷道なのか?!と疑心暗鬼になりながら どんどん ずんずん 登っていくと、
幾つも雪よけトンネルのしましまの影を通り抜け、湧き水にぬれた道を進んで、

tagokura1.jpg

ふいに風景が開けました。

tagokura2.jpg

わー(^^)

susuki.jpg

なにこれ凄い!地図調べないで来て良かった!知ってたら感動しないもの!!!

ここで、山梨からのバイカーさんが何故か記念撮影に私を加えてくださるっていうハプニングが
ありまして。見ず知らずの人にセンターを取らせていいのかしら(笑 すっごく愉快でした。
FBでお友達になっていただき、思い出に残るストーリーをありがとうございました〜!!!!

さて、会津若松へ向かうバイカーさん達とさよならして。
魚沼インターから1時間半だったとの情報も得た私は急に余裕を感じ出します。
ここから下りの道も変化にとみ、気持ちよく飽きずに走ることができました。
魚沼について、16時。そろそろ宿を決めないといけないな〜(^^;
魚沼には民宿もたくさんあり、片端から電話アタックで素泊まりあいてないかな?
楽天トラベル、じゃらん検索、、、さまざまな作戦がひらめいて混乱ぎみでしたが
ガーラ湯沢近くにあるペンション オ○に予約入れることができ一安心。

一泊1000円のライダーズハウスや、ユースホステルに挑戦して安さにものを言わせ4日ぐらい連泊してやろうか・・・・?と
青雲のごとき野望をいだいて出発してしたんですが 雑魚寝でないふつうの宿になってしまった!
とっぷりと日が暮れてから到着すると、鉢われ白黒ねこちゃんのトールペイントとか飾ってある!
ファンシーかつスピリチュアルでありました。
タロットカード、パワーストーン、キャンドル作り体験・・・プリティな世界にくらくら。
荒くれ気味になってきているなぁ、いかんなぁ、と思いつつも・・・
バイトのまるぽちゃお兄ちゃんよ!そんな段差のあるガレージに前からバイク突っ込んだら二度と出れんぞ!!!!気づかずに立ち去るんじゃねえ!!←自分も疲れてて即座につっこめなかt
めげずにバックで入れようとしたけど(スキー場のペンションなんで急な坂道に建っています)、段差にはまって抜け出るとき汗がでたわよ〜!

もう、めっぽう疲れてたんですが湯沢の繁華街に夕飯を食べに出かけ、けんちんうどんを食して
8時前に戻りました。ええ、ガレージに入れず路駐いたしました。相談とかしない。
よそ様のペンションの、除雪車なんかが止めてある草むらのそばに、そっと停めました。

旦那に事後報告のお泊り申請をメールして、お風呂で体をほぐして、お休みなさーい。
となりの3人兄弟がドスドス歩くたびに、屋根裏部屋ぜんたいがゆらゆらしていました(笑
卓球もう一回する〜って、9時すぎに・・・早く寝ろばかもんが(笑

yado.jpg

長いので、その2に続きます!
posted by marimo-ya at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。